トレーニングに合う靴

靴が自分に合わないとトレーニングに集中できません。自分に合う靴を準備しましょう。

自分の膝と上手に付き合いましょう!

変形性膝関節症では、すでに起こってしまった関節軟骨の傷や劣化、軟骨下骨の変形や硬化、膝の変形などを元通りにはできないようですが、自分の膝と上手につきあっていけば、関節軟骨の表面に傷があっても、痛みを感じずに過ごすことはできます。

スポーツなど、自分のやりたいことを無制限にやっていいということではなく、膝の状況からできることできないことの区別をすることが大切です。膝の痛みは、いくら熱心に病院に通っても、それだけでは治りません。自分自身が自宅で運動療法を毎日続けることで、効果が現れてきます。また、状況に応じて、患部を温めたり、冷やしたりするのは痛みをやわらげ、炎症を鎮めるためにとても効果的な治療法です。

自分の膝と上手につきあっていくには、膝を十分に手入れする必要があります。完全ではない膝をこれからも長く使っていくので、膝がよく動くように手入れを続けることが大切です。その1つが家庭でできる筋肉トレ一二ンクやストレyチンクです。適度な活動を生活習慣にするとともに、痛みなく膝を動かすために日常の動作を工夫して、膝への体重の負担を調節することも大切です。自分の膝と上手につきあえるようになると、膝の調子が自分でもわかるようになり、膝をいたわりながら自由に活動できるようになるのです。

  • Published On : 2か月 ago on 11月 28, 2017
  • Author By :
  • Last Updated : 11月 27, 2017 @ 5:27 am
  • In The Categories Of : Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

';