トレーニングに合う靴

靴が自分に合わないとトレーニングに集中できません。自分に合う靴を準備しましょう。

自分に合った靴を見つける

身体に合っていない靴を履いていると、その影響が慢性的に出てくる可能性が高いそうです。たとえば、ミッドソールのつくりで考えた場合、足をつくときに小指側に流れやすい人が親指側に倒れるのを防ぐ機能を持つ靴を履いているとします。すると、小指側に行きやすい傾向を助長することにつながり、歩いているときに常に小指側で着地して歩いているようになります。こうなってしまうと、歪みに対して靴も変形してくるため、ソールの減り具合でもわかると思います。

身体に合わない靴を履くことによって、その人の悪い部分に靴が適応していく形で減っていくわけです。したがって、靴のミッドソールも個人のタイプによって適切なものを選べば、悪い動きを軽減することができるでしょう。

たとえば、少しよろけた時に次の一歩を踏み出さなければならないのか、その一歩を踏み出すことなく足もとで止めることができるのかということも、ミッドソールの構造が、その人に適切なものかということに左右されるそうです。

これは日常生活だけの話ではありません。このようなことはスポーツのパフォーマンスとか、正しい状態でパーソナルトレーニングができるかどうかということにも関係してくるといえるでしょう。悪い状態で熱心にパーソナルトレーニングを続けてしまうと、歪んだ身体をさらに歪めてしまうことにもなりかねません。せっかくのトレーニングが逆効果になるおそれもあるので、自分にあった構造のシューズを見つけてトレーニングをすることも大切だと思います。